避妊薬と女性ホルモンの関係

経口避妊薬は避妊に用いられる女性ホルモン剤です。正しく服用することで99%以上の高い避妊効果が得られます。それでは避妊薬と女性ホルモンのとの関係について詳しくご紹介いたします。

避妊薬と女性ホルモンとの関係性

避妊薬というと、副作用のリスクが高いというイメージが持たれているので、服用するのが怖いという方が多いです。
しかし、避妊薬に対するマイナスなイメージというのは、現在主流になっている避妊薬には、適合しません。
その理由は、医療技術が進歩したことにより、身体に悪影響を及ぼす成分が、配合されていないためです。
つまり、従来の避妊薬と、現在の製品は、全く別物と考えて差し支えないでしょう。
副作用の可能性は、極めて低くなっていますが、当然避妊に対する効果は高いです。
加えて、多毛症やニキビも改善することができるので、肌トラブルに悩みを抱えている方にも最適です。
そして、あまり知られていないことですが、避妊薬は腫瘍と、癌に対しても効果的です。
このように、多くの事柄を、改善し予防できるのですが、注意すべき点もあります。
従来品に比べると、極めて副作用の恐れが低くなっているものの、個人差が大きい薬だけに、場合によっては吐き気を感じたり、出血を伴うことがあります。
生じると不安になってしまう症状ですが、通常2ヶ月程度で収まります。
また、副作用が重症化すると、血栓症などが引き起こされる可能性が高まるものの、水分をしっかりと補給していれば陥る可能性を減らすことができます。
日本では、産婦人科や婦人科で避妊薬を手に入れることが可能です。
処方してもらう場合の理由というのは、個々により異なりますが、決して避妊のみを目的とする必要はありません。
女性ならではの症状の緩和や、肌トラブル、ニキビの改善を目的として、避妊薬を処方してもらうこともできます。
あまり知られていないことですが、避妊薬を処方してもらう場合は、婦人科で検査を受けなければなりません。

■副作用も理解してから使用しましょう
モーニングアフターピルの副作用に注意
■避妊薬を初めて使う方はこの薬がお手頃でおすすめ
トリキュラーで女性の悩み改善