経口避妊薬は避妊に用いられる女性ホルモン剤です。正しく服用することで99%以上の高い避妊効果が得られます。それでは避妊薬と女性ホルモンのとの関係について詳しくご紹介いたします。

体温から計算する排卵日、緊急避妊薬は東京の婦人科を

避妊方法の一つに、女性が毎朝体温を測って、排卵日を計算する、というやり方があります。
体温計を毎朝使う必要がありますが、医薬品やコンドームなどの道具が要りませんので、誰でも簡単に試せます。
ただ、起床時に必ず体温計を利用する事と毎日細かく体温を記録する手間がありますので、働いている女性や食事や育児、学業で多忙な方々には少々面倒な方法です。

それでいて体温の日々のグラフから割り出される排卵日は、絶対に確かではありません。
あくまで体温から割り出された排卵日の期間は目安であり、実際の時期とズレる事もあります。
そのため、体温チェックだけの方法に依存すると、何らかのミスによって安全日と危険日を取り違えてしまい、男性に膣内射精オーケーとサインを送ってしまえば、高い確率で妊娠してしまうでしょう。

もし、後から体温チェックによる排卵日の計算結果にズレがあると分かったら、出来る限り早めに東京の婦人科に出かけましょう。
東京の婦人科に理由を説明すれば、緊急避妊薬が受け取れます。
緊急避妊薬は望まない妊娠を避けたい女性に、特別に処方されるお薬です。

一般的な避妊薬とは違い、緊急避妊薬は短時間で高い効果を出します。
半ば強制的に女性ホルモンの量を増加させ、膣内に射精された精子の着床を妨害する、それこそが緊急避妊薬の良い仕組みです。

東京の婦人科では簡単な診察を受けるだけで処方され、膣内射精を受けてから73時間以上が経過する前に服用すれば、完全ではありせんが非常に高い可能性で妊娠が避けられます。
また緊急避妊薬は、排卵日の計算ミス以外に、不特定多数の男性からレイプ被害に遭った女性、ボーイフレンドからDV的な膣内射精をさせられた人々にも助けとなるお薬です。