経口避妊薬は避妊に用いられる女性ホルモン剤です。正しく服用することで99%以上の高い避妊効果が得られます。それでは避妊薬と女性ホルモンのとの関係について詳しくご紹介いたします。

避妊薬での膨満感を感じたくない時はカーマスートラ

一般的にピルと呼ばれる経口避妊薬は妊娠を回避するために使用される女性ホルモン剤です。
1960年代にアメリカで開発された避妊薬は現在、世界中の女性たちの間で使用されています。この避妊薬には卵胞ホルモンと黄体ホルモンという成分が含まれており、排卵を抑えるうえに子宮内膜をはがして子宮に精子が入りにくい状態にする効果を持っています。
また重い生理痛といった生理が引き起こす症状や思春期なのに3カ月以上たっても月経が来ない続発性無月経、さらに子宮の内膜の組織が子宮以外の場所に入り込んでしまう子宮内膜症などの治療薬としても用いられます。
このように女性の体で起きる疾患で用いられる避妊薬は崩れたホルモンバランスを正常に戻す作用があるため、様々な場面で自己判断に基づいて服用されることがあります。
ここで注意しなければならないのは副作用です。
避妊薬のホルモンの含有量は多く、膨満感をはじめ、吐き気、頭痛、食欲不振や下痢、むくみといった症状の報告がされています。
無理に飲んでも膨満感などの副作用が長引き、病気を悪化させる可能性もあります。
もちろん正しく服用していればそんなことはないでしょうが、薬との相性は人それぞれです。薬に頼らずとも、せめてホルモンバランスを整える方法はあります。
それは性愛書や恋愛小説を読むことです。
こうした本を読むことでホルモンバランスが元に戻っていくケースがあり、医師が更年期障害に苦しむ患者に治療の一環ですすめられる事があるのは事実です。
そのすすめられる本のなかでカーマスートラという性愛書があります。
カーマスートラとはおよそ4世紀から5世紀にかけて成立された古代インドの性愛論書であり、アナンガ・ランガとラティラハスヤと並ぶ作品のひとつでもあります。
膨満感などの副作用といったデメリットよりもカーマスートラといった本を読んで体に負担をかけないことが女性にとって一番でしょう。