経口避妊薬は避妊に用いられる女性ホルモン剤です。正しく服用することで99%以上の高い避妊効果が得られます。それでは避妊薬と女性ホルモンのとの関係について詳しくご紹介いたします。

避妊薬の影響と比重について

避妊薬とは、妊娠を望んでいない場合に、性交渉の際に、女性が飲む薬のことです。

避妊薬の1つに低用量ピルというものがあり、こちらについては、産婦人科や婦人科などで処方がされています。

また、避妊を目的とした場合でなく、月経困難症などの生理痛が酷い方向けに、このような避妊薬とされる低用量ピルが処方されることもあります。

このような避妊薬の影響ですが、上記のような生理痛に伴う、月経困難症の際の影響力については、生理痛の酷さがとても改善された、毎月苦しんでいたことが嘘のように劇的に症状が軽くなった、という方もおられれば、逆に薬が体質に合わず、途中で低用量ピルを飲むことをあきらめて違う方法を探される方もおられます。

このように、影響については、個人差があり、上記のように効果があるとされる一方で、どうしても個人の体質などにより、効果が得られなかったという結果もあります。

また、避妊薬には、痩せる効果または太る効果がある、と一般的にされており、その場合、痩せたいために避妊薬を使いたい人も大勢おられます。
特に若い女性の場合に、比重が多く、多くの方が望んでいます。

痩せるか、痩せないかについては、実際に薬を飲んだ結果、痩せたという人もいれば、逆に太ったという人もいるため、比重をおこなえば、どちらも個人差があるとされています。

また、医師の説明によれば、避妊や月経困難症を緩和する効果はあっても、痩せることや太ることへの効果はないとされており、ダイエット目的としては、個人によって違いに比重があります。

しかし実際、避妊薬を飲んで、大幅に体重が減ったという人もいるため、比重を行えば、どちらについても、痩せる効果は一部では立証されています。