経口避妊薬は避妊に用いられる女性ホルモン剤です。正しく服用することで99%以上の高い避妊効果が得られます。それでは避妊薬と女性ホルモンのとの関係について詳しくご紹介いたします。

避妊薬プラノバールと授乳中の使用について

プラノバールというのは、女性ホルモン薬として開発されたもので、女性ホルモンが体内に不足していたり、またはホルモンのバランスを崩していることによっておこる、さまざまな不快な症状を改善するのに役立つものです。
たとえば、月経不順、無月経、月経困難症、月経前症候群、子宮内膜症などといったものの治療のために処方されることが多いといえます。
また、低用量ピルとよばれる避妊薬が医薬品として認可されていなかった時代には、このプラノバールを避妊薬として転用するということもあったようですが、現在は低用量ピルが普及しているため、そうしたことはありません。
プラノバールは、避妊薬のなかまとしては、中用量ピル、すなわち、錠剤に含まれる卵胞ホルモンの量が50マイクログラムというものにあたります。
低用量ピルと比較すると、このホルモンの量が多い分だけ、吐き気やめまい、頭痛などの副作用が深刻になるため、いまではあまり見かけないものといえます。
しかし、たとえばコンドームなどによる避妊に失敗して、緊急に妊娠を阻止しなければならないというときに、事後的な緊急避妊薬としてこのプラノバールを利用するという方法もあり、この場合は割と現在でも使われています。
プラノバールを授乳中に服用することについてですが、授乳中である以上は、有効成分が母乳を通して赤ちゃんの体内に移ってしまうというおそれがありますので、当然注意すべきものといえます。
ただし、プラノバールを緊急避妊薬として用いる場合、常用するのではなく、2日程度の服用にすぎないということと、時間が経過すれば医薬品の成分は代謝されて体外に自然と排出されるということを考え合わせると、授乳中だからといって、あまり神経質になる必要はなく、服用からしばらくの時間を空ければ問題ないといえます。